このページの最終更新:25th Feb 2002

使用ツール紹介

このページの目的

このページは、クラ総研の作成に当たって使用しているツールを紹介するものです。 それ以上の意味はまったくありません。

このページのはじめへ戻る

ファイル作成に関係するツール

Note++
本体となるHTML文章は、すべてこのエディタで手入力しています。このフリーウェアは、 Windows付属のメモ帳と異なり、ツールバーが使えること、置換ができること、カーソルの 位置(行数)が表示できること、背景色が自由に設定できること、などの機能があり便利です。
配布元は
Programmer's Pocket (URL:http://member.nifty.ne.jp/samidare/index.html)です。
Hyper-Paint
説明用の絵を描くのに使用。なぜかWindows導入当初からこれを使っています。 フォトレタッチもできるのですが、画面サイズの調整以外には使ったことがありません。 もっぱらドット打ち専用です。Windowsのペイントを使わない最大の理由は、拡大モードに 4倍がないからだったりします。
配布元はHyper-Paintのページ (URL:http://www.d3.dion.ne.jp/~kiriman/)です。
ペイント
Windows付属のツールです。上のHPで描いた画像をgifファイルに変換するのに使用。 本来の作画目的で使ったことはほとんどありません。
このページのはじめへ戻る

その他のツール

ファイルのアップロード
ファイルのアップロードは、ホスト様が提供しているWebベースの管理ツールを使用しています。
動作確認
サイトの表示確認や動作確認は、基本的には Netscape6/6.1 を使用しています。スタイルシートや タグなどで、今まで使ってなかった機能を初めて使用する場合には、この他に Netscape Communicator 4.7 と Interner Explorer 5 も確認に使用しています。
このページのはじめへ戻る