このページの最終更新:1st Nov 1998

楽器部分論

マウスピース / リガチャーリードタンポキイ木管部分

マウスピース

マウスピースの種類

マウスピースは、クラリネットの音をつくる源です。ですから、求められる 音によって様々な種類のものが色々なメーカーから出されています。
といっても見た目はほとんど一緒だし、何が違うのかあんまりはっきりして いないのも事実です。

マウスピースの特徴は大きくいって二つあります。ひとつは「フェイジングの 長さ」、もうひとつは「ディップオープニングの開きかた」という事になり、 その組み合わせで大体のくせが決まります。
フェイジングは、マウスピースにリードを取りつけた時に、リードとマウス ピースが離れる部分の長さの事をいいます。これの長さは目に見えて違うという 訳ではありません。この長さが短いと、リードの振動部分が先端(=唇に近い 部分)に集中するので、比較的簡単にコントロールできるようになります。
その反面、リードの振動できるキャパシティが小さくなるので、音の深みという 点では不満が残ります。といっても、音色については個人の好みで、あまり 深い音は嫌いだという事も多々あるので、一概にはいえません。
ディップオープニングとは、リードの先端とマウスピースの先端の離れている 距離の事をいいます。離れていると息がたくさんはいっても充分にリードが 振動できますが、リードの振動を調整するのは複雑になります。近いと コントロールはしやすいのですが、たくさん息を吹き込むと時にはリードが マウスピースに張り付いてしまって音がならなくなる事すらあります。

こうやってみてみると、初心者にはバンドレン社の5RVが向いているというのも 納得できます。しかし、その後技術が向上すれば、個人の技量やくせに合わせた マウスピースを選ばなくてはならないと思います。

このページのはじめへ戻る

マウスピースとリード

バンドレン社のリードを買うと、リードの箱の中にセレクト表なるものが 入っています(もしかしたら無いかもしれない)。そこには、バンドレン社の マウスピースの型番とそれに対応したリードの範囲が示されています。 それと同時に、ディップオープニングやフェイジングと、リードの厚さの関係も コメントしてあります。

しかし、実際のところこの関係は忠実に守る必要は無いように思います。というのも、 まずリードのほうが番号と厚さの関係が一定していないという事があります。 せっかく「このマウスピースには3番」と決めても、その3番のリードが実際には 2-1/2 から 3-1/2 位までばらついている以上、かっちりと番号を決める意味合いは 無いといえます。
また、実際にセレクト表に逆らった設定をしても、それがその人にとって 吹きやすいのであればそれでいい訳ですし、何よりもセレクト表が箱の中に 入ってたら買う時に選ぶのに役に立たないという事からも、この表を盲信するのは 無駄と思えます。ただ、どんなリードを使ったらいいか分からない時は参考に すればいいでしょう。

このページのはじめへ戻る

マウスピースの取り扱い

マウスピースは、クラリネットの音をつくる源です。ですから、極端な話 真っ二つにひびの入ったマウスピースではいい音はなりません(当然だ)。 そうでなくても、ちょっとした傷や痛みによって本来の性能が大きく損なわれる 事が多々あります。そんな傷ついたマウスピースを使っていてはうまくなるものも 全然うまくなりません。そんなのもったいないですよね。

マウスピースは確かに大事なんですが、その中でも特に気をつけないといけない 場所は次の3つです。「口のほうの先っぽのカーブしている所」「リードを 乗せる平らな面」「中全体」といえば、分かってもらえます?
まず、先っぽのカーブしている所ですが、新しいマウスピースなら、当然ですが カーブがきれいにみえると思います。ところが、何かの拍子に引っかけたり、 自分の歯にぶつけたりしてるうちに、このカーブの所に傷がついて、見ると ぎざぎざのカーブになっていたりします。
この部分は、音が出る時にリードと触れる(ぶつかってるかも知れない)部分 ですから、変な傷があるとそこから空気は漏れるし、リードも傷つくし、 あんまりいい事はありません。

次にリードを乗せる平らな面(名前失念)ですが、あらたしいマウスピースなら、機械で削りだした 波のような模様(ないかも知れない)があるだけで、平面になっています。 ところが、リガチャーを乱暴に突っ込んだりすると、傷がついてしまいます。 ここに傷があると、上に乗っかるリードが安定しなかったり、リードの振動 (リガチャーの下でも震えている)を邪魔したりして、不自然な状態の音が なることになってしまいます。

最後に、マウスピースの中ですが、一番傷がつき易いのはスワブを通す時です。 それを嫌って「マウスピースにはスワブを通すな!」という人もいますが、 いくら口の中をゆすいでから楽器を吹いたとしても食べ物のかすなんかが マウスピースの中にだんだんたまってくるので、息の通り方も変わってしまうし、 なによりも、不潔です。
かといってしょっちゅうスワブを通していると、中に傷がつき易くなるので、 細心の注意を払って通すようにするほかありません。あと、一回り小さい スワブを使うのも、引っかけないためには有効でしょう。

このページのはじめへ戻る

マウスピースパッチ

いくつかのメーカーから、マウスピースパッチという物が出ています。 これは、マウスピースの上の歯が当たる部分に貼ることによって、マウスピース が傷つくのを防ぐ事が主な目的です。
その他にもいくつか効用があります。逆に、問題点も皆無ではありません。 その辺を考えてみます。

まず、歯が当たるポイントが定まりやすいという利点があります。これは、 マウスピース本体はなかなか変形しにくいのに対し、パッチは比較的変形 しやすいので、歯の当たる場所が微妙に変化して落ち着きやすくなります。
初心者の場合は、あらかじめパッチに軽く傷を入れておいて、それを目安に アンブシュアを作る方法もありますが、そこまでしなくても、口になじみやすい 点は有効です。
その他には、マウスピースが歯に直接当たらないので、音の響きが良くなると 言う説もあります。

問題となるのは、パッチが時間と共に少しずつずれてしまう事があるという点 です。上で述べたように、パッチに癖がつきますので、それがずれれば アンブシュアが知らないうちに変わってしまう事になります。
アンブシュアが変わっていい事はあまりないので、注意が必要です。
また、パッチの回りにゴミがつきやすいので、こまめに掃除する必要があります。 パッチ自身もそれほど寿命は長くないので、案外しょっちゅう張り替えないと いけません。

パッチ自身は、一枚当たり200円くらいで、楽器屋などで簡単に手に入ります。 種類はいくつかあって、特にヤマハのものは厚さの違う物がソフト・ハード それぞれあります。
今までしてなかった人が厚いパッチを貼るとかなり違和感があります。演奏会の 直前に初めて貼るような事はやめておきましょう。

このページのはじめへ戻る

マウスピース / リガチャーリードタンポキイ木管部分