このページの最終更新:20th Apr 2003

工学研究室

内容一覧

気圧でピッチは変わるの?
2003-04-20
山の上で調整した楽器を平地にそのまま持ち帰ると、ピッチは狂ってしまうのでしょうか?
腹式呼吸の原理
2003-02-12
腹式呼吸と胸式呼吸、何が同じで何が違うのか、一度よく考えてみてください。
キイが変色する原理
2002-12-23
しばらく使わなかった楽器のキイが黒くなってしまうことがあります。その原理を まとめてみました。
続・リードの湿潤と乾燥
2002-10-30
一回ぬらすしたリードが、リードケースの中で乾燥するまでにどのくらい時間がかかるのか、 実際に試してみました。
リードの寿命
2002-10-19
リードが寿命を迎えるのは、どんな時でしょうか。そしてその寿命を無視すると どうなってしまうのでしょうか。
木目と音の不思議な関係
2002-06-30
ほとんどのクラリネットは木製ですから、本体には木目がついています。その木目が もしかすると音の響き方にも、重大な意味を持っているのかもしれません。
うなりを見てみよう
2002-03-07
チューニングなどのときに聞こえてくる音のうなり。そのうなりを、波の形で表すと こんな風になります。自由に試せるエクセルファイルつきです。
リードが波うつ
2002-02-18
リードの扱い方が悪いと、ティップ部分が歪んでしまいます。実例を紹介するとともに、 原因と対策を考えてみました。
チューニングの罠
2002-01-21
あなたのそのチューニング、本当にすべての音があっていますか?
リードの湿潤と乾燥
2001-12-21
リードを一回ぬらすと、乾燥するまでにどのくらい時間がかかるのか、実際に 試してみました。
工学的に見たキイオイル論
2001-11-21
キイオイルをさすと磨耗を防ぐといいます。その原理は一体どうなって いるのでしょうか
楽器を振動させること
2001-11-09
いわゆる喉音では音が貧弱になってしまいます。その原因の一つは楽器の振動の 違いにあるようです。
リードの名前
2001-10-18
リードの各部分の名前をまとめてみました。皆さんはどのくらい知っていますか?
キイを金で作るとどうなるか
2001-08-20
なぜキイは洋白にメッキをしているのか、なぜ直接金や銀で作らないのか、考えてみました。
楽器の部分各論
1998-11-01
クラリネットの各部分について、その特徴や知っておいた方がいいことをまとめました。
息と音程の相関性
1999-05-13
息の量が変化して音量が変わるとなぜ音程が変化してしまうのかを調べてみました。
ダイナミクスレンジの謎
1999-01-18
クラリネットのダイナミクスが、木管楽器の中で特に広くとれる理由を、実験を交えて 検討しました。
キイ構造学概論
1999-01-02
クラリネットの使われているキイについて、その構造的な分類をしてみました。
水滴発生の原理
1998-11-16
寒いときに楽器を吹くと、管の中に水滴が発生します。その発生のメカニズムや 発生量に関する考察です。
リードによる音の発生原理
1998-11-01
クラリネットの一番の根源、音の発生の原理についてリードの振動の様子を 探ることから説明します。
音の発生と開管・閉管の謎
2002-03-03
リードの振動によって楽器の内部の気柱が震え、音になります。そのときに 管の端の様子によって音が大きく変わる、その法則について。
気温とピッチの相関性
1998-11-01
気温が低いと、ピッチは下がります。当たり前のことですが、その原因を科学的に 説明します。


このページのはじめへ戻る