このページの最終更新:13th Nov 1998

音の発生と開管・閉管の謎

音に関する基礎知識 / 開管・閉管とクラリネットの空気振動他の楽器との比較ベルの役割息の流れによる影響

音に関する基礎知識

音の原理

楽器は音を鳴らすためのものですから、音に関する研究をする以上、 音というものの原理についてまず確認しておきます。
音というのは、空気の振動です。振動のことを波と言います。 波には、横波と縦波があります。横波は、ちょうどギターの弦と一緒です。 縦波は、押し縮めたバネをはなしたときの振動に似ています。 空気の場合、横波の振動ができないので、音は縦波ということになります。

このページのはじめへ戻る

音波の表現

これから、楽器で音ができる原理を解説するのですが、 その際に音波を絵で表す必要がでてきます。
そのためには、本当なら音波の縦波をどうにかして表さないといけないのですが、 それよりも、擬似的に横波に置き換えてしまった方がわかりやすいので、 以下の説明ではそうします。
でも、本当は縦波で、空気が弦のように左右に動くわけではないので 誤解しないように気をつけてください。

このページのはじめへ戻る

音に関する基礎知識 / 開管・閉管とクラリネットの空気振動他の楽器との比較ベルの役割息の流れによる影響