このページの最終更新:30th Jun 2002

木目と音の不思議な関係

木目がなぜあるのか

私たちが使っているクラリネットは、一部を除いてそのほとんどがグラナディアという 木材で本体ができています。木材ですから、当然木目がついています。楽器の状態では 上から塗料が塗ってあるので少しわかりにくいですが、よくみると木目の部分が他の部分と 見た目が微妙に違うのがわかります。

この木目が、どんな影響をもっているのかを考える前に、まずはなぜ木目ができるのかを まとめておきましょう。
木目は、木の成長のスピードが異なる部分で生じます。たとえば、春から夏、秋口にかけて、 植物はどんどん生長します。しかし冬は、日照時間が少ないことなどもあり、夏に比べると 成長は遅くなります。また、寒い冬を乗り切る必要があるので、表皮の質もそれに あったものに変化します。
特に四季の変化が大きい日本の場合、この違いが顕著に現れ、材木や建築物で見る 木目模様のような、はっきりした違いとなって現れます。グラナディアの場合は、育つ場所が 熱帯に近いところですから、日本のような激しい気候の変化はありません。それでも 1年を通してみれば気候の変化がありますから、それに合わせるように木目が形成されるのです。

このページのはじめへ戻る

音の振動と木目の関係

音の振動 では、木目があることを、音の観点からみるとどのように考えることができるのでしょうか。
音の振動は、この図のような分子(または塊)の振動ととらえることができます。弦が 左右に振れるような振動ではなく、音の伝わる方向に、前後に揺れ動いています。イメージとしては、 それぞれの塊がバネでつながっていて、押したり押されたりして振動が伝わっている、という 感じに近いといえると思います。
このとき、塊がすべて均質であれば、振動はどこでも同じように伝わっていきます。図はその状態を 示したものです。ところが、木目の部分とそれ以外の部分では、同じ木材でも、密度や 固さなどが微妙に違います。すると、振動の伝わり方も変わってきます。伝わる割合や、 早さも少しずつ変わってしまうのです。すると、どんなことが起こるのでしょうか。

木目と振動 木目と木目でない部分は、層状に重なっていると考えることができますから、大雑把にいえば 左図のような2種類のパターンが考えられます。もちろん、斜めに層が通るパターンもありますが、 少し厄介なので、とりあえずこの2種類について考えてみましょう。
まず、左のパターンは、層の通り方が音の進行方向に対して直角になっている場合です。 このときには、振動がどの部分を通っても、同じように 赤→緑→赤→緑 という経路になります。 すると、どの部分も同じように音が伝わるので、エネルギー的には素直に伝わることができます。
一方で、右のように、層が音の進行方向と平行になっている場合はどうでしょうか。このとき、 振動は場所によって赤ばかり、あるいは緑ばかり通って伝わることになります。すると、ある部分は よく伝わるけど他の部分では伝わらない、という事態が発生します。このように伝わり具合に 段差があるのは、エネルギー的にはあまり好ましくありません。

このページのはじめへ戻る

実際の響きとの関係

バレルと木目 では、実際の響きには影響があるのでしょうか。いちばんわかりやすい、バレルの部分で 考えてみましょう。
バレルに通っている木目は、だいたい図のようになります。実際には少し曲がっている はずですが、ここでは気にしないことにします。すると、さきほど考えたエネルギーの 通りやすさを考慮すると、音の振動は矢印に示した方向に伝わりやすく、90度ずれた 方向には伝わりにくい、と考えることができます。ということは、バレルの向きを 変えることで、音の伝わり方が変わってくる可能性がでてきます。

実際に試してみると、バレルや奏者との相性にもよりますが、音の伝わりやすい方向を 前に向けた方が、音の通りがよくなると感じる場合が多いようです。一方で、横に 伝わりやすいようにすると、音が柔らかく包み込むように感じられることが多いようです。 もちろん、他の要因もたくさんありますから、必ずしも同じ効果が得られるとは 限りません。でも、こんなことも気にしてみると、新しい発見があるかもしれませんよ。

なお、この記事は伝言板での話題を参考に作成しました。

このページのはじめへ戻る