このページの最終更新:30th Oct 2002

リードの湿潤と乾燥

単純な疑問

皆さんは、同じリードをどのくらいの間隔で使っていますか? 多くの方は何枚かのリードでローテーションを組んで、リードを何日か休ませているのでは ないかと思います。中には、同じリードを毎日使う人もいるかもしれません。
色々な文献には「リードの連続使用は避けるべき」というようなことが述べられていますし、プロ・アマを 問わず多くの方が同じようなことを言っています。実際に吹いているときの感触からすると、すくなくとも まるっきり外れているということはないはずです。

では、なぜリードを休ませるのがいいのでしょうか。
素朴な疑問ですが、意外と答えが見当たりません。多くの場合は「洋服を続けて着ると痛みやすいけど、 途中で休ませたり、洗濯すると長持ちするのと同じ理屈」という感じの説明がされているようです。 でも、洋服が長持ちする理屈が分からないので、やっぱりはっきりしません。

そんな中、ある文献に「リードが完全に乾燥するまでに2〜3日かかる」という記述がありました。 その文献では、乾燥速度とリードの持ち具合の相関性の可能性を指摘しています。ただ、文献には 具体的な実験結果は見当たりません。では自分で試してみよう、というのがこのページの目標です。


このページのはじめへ戻る

実験条件、方法、結果

実験方法は単純です。充分乾燥していると思われるリードの重さをはかり、水にある時間浸して、 その後適当な時間を置きながら重さをはかっていくだけです。

実験は、会社の上皿天秤を借用しましたので、すべて会社の自席で行ないました。使用したリードは、 5年近く前に購入したものの、バランスがあまりにも悪かったため加工もせずに放置していた、バンドレンと グロタンのリード各2枚ずつ。これを2グループに分けて、一方は3時間水に完全に沈め、もう一方は 滴らない程度に湿らせたティッシュに1時間ほどはさみました。
会社の自席は、気温18〜22℃、湿度25〜35%でした。リードはケースなどには一切入れず、裸のまま 机の片隅に放置しました。この場所は、天井から吹き出す暖房がほぼ直撃していました。
なお、この実験は上述のとおり会社で行なったのですが、社則により開発環境(=自席)は写真撮影が 一切禁止だったので、実験中の様子は紹介できません。申し訳ありません。

測定結果を表にまとめると、次のようになりました。

サンプル名実験前の重さ[g]水から出した直後[g]1日後[g]2日後[g]
V10.7981.0350.8010.775
G10.7731.0650.7950.775
V20.7950.9400.7650.783
G20.7750.9400.7650.770

このうち、V1とG1は3時間水につけたもの、V2とG2はティッシュにはさんだものです。
V1とG1についてグラフにすると、このようになります。
結果グラフ


このページのはじめへ戻る

この結果をどう見るか

この結果を見ると、3時間水に浸すというかなりひどいことをやっても、2日ほどすればほとんど元通りに 乾燥する、ということが分かります。

ただ、気をつけなければいけないのは、この実験はリードを空調の流れが直撃するところに 裸で放置した結果であるということです。皆さんもお気付きのとおり、普通の場合リードは リードケースにしまっておきます。ということは、今回の実験よりも、乾燥しにくい条件であると いえます。つまり、実際にはこんなに調子よく乾燥するわけではないということです。

では、実際と同じように、リードケースにしまった場合はどうなるでしょうか。
これは、次回の実験で別途実験していますので、ご覧下さい。

このページのはじめへ戻る