このページの最終更新:22nd Mar 1999

語句索引

Vol 1.12

アサガオ
ベルと同じ
アタック
音の出だしの状態。音の立ち上がりともいう
アーティキレーション
複数の音符のつながりの関係。音楽表現の基礎の一つ
アルトクラリネット
クラリネットの種類の一つ。比較的低い音域が出る。 ベルとネック部分が曲がっている。調子はEs
アンブシュア
楽器を構えたときの口の形。普通は、唇とその周辺のことをさすが、場合によっては のどの状態まで含めることもある
移調
元の曲の調を、他の調に換えること。曲を丸ごと移すことを指すことが多いが、 広義には同じ曲中で主題などが他の調に展開することも含まれる。
移調楽器
楽譜にかかれた音と、実際になっている音がずれている楽器。クラリネットは メジャーなものは全て移調楽器に当たる
うなり
近い周波数の音が複数鳴っているときに「わんわんわん」と音量が揺れているように 聞こえる現象。チューニングがずれていると起こる
音階
オクターブ間に複数の音を規則的に配置したもの。主に長音階と短音階。 旋律の基礎となる、近代音楽の基本事項。
音階練習
音階を様々なアーティキレーション、速度、変形で演奏することを練習することによって、 運指技術の向上や実際の曲中のフレーズを確実に演奏できるようになることを目的とした練習


楽典
吹奏楽に限らず、音楽の基本ルール。楽譜に関係する記譜法、和音の基礎となる 和声法、メロディ構築の要である対位法などからなる
管楽器
管に息を吹き込む形態の楽器の総称。バイオリンなどは弦楽器、太鼓のたぐいは 打楽器である
カンニングブレス
フレーズが切れないところで息が続かないか、前後のブレス位置の関係で やむを得ずフレーズの途中を切ってブレスをすること
キイ
クラリネット管体に取り付けられた金属部品。指が届かないところの トーンホールを操作するほか、運指を単純化する効果がある
キイオイル
キイの摩擦部分にさすオイル。
胸式呼吸
胸の動きによる呼吸法。吹奏楽ではあまり薦められていない。女性の自然な呼吸はこの方式
グラナディア
クラリネットの木管部分に使われる木材。堅く水分に強い
クリーニングスワブ
スワブの正式名称
ケーン
リードの原材料である葦のこと。主に南フランス産のものを使う
コルクグリス
楽器のジョイント部分にあるコルクを保護するためのグリス


サムクッション
楽器を親指で支える部分の部品につける、ゴム製の部品。高さを微調整する 目的で使うこともある
下管
キイのついた本体のうち、下にくる部分。正しい呼び方はわからない
純正律
音階を、純正和音をベースに組み立てたもの。音階にあった和音はきれいに響くが、 そのままでは自由に転調できないという欠点もある
ジョイント
楽器のつなぎ目。この部分にあるコルクがジョイントコルク。分解して収納しやすく するだけでなく、音程を調節する役割もある
上管
キイのついた本体のうち、上にくる部分。正しい呼び方はわからない
シンコペーション
リズムパターンのひとつ。強拍が前の弱拍とつながって、本来弱拍となる場所が 強拍となるので、慣れないと難しい
スタッカート
音型のひとつ。書かれている音符の約半分の長さで吹くことになる。だから、 世間で解釈されているスタッカートは短すぎることが多い
スワブ
クリーニングスワブのこと。布の一端にひもとおもりをつけた、 楽器内部の水分や汚れを取るための道具
セント
半音の間を100等分したもの。音の高さ、平均律とのずれを表すのに用いられる
ソプラニーノクラリネット
クラリネットの種類の一つ。一番高い音域の楽器になる。調子はEs、まれにD
ソプラノクラリネット
クラリネットの種類の一つ。ふつうのクラリネットはこれに当てはまる。 調子はBb、A、ごくまれにC
ソロ
旋律を一人で吹くこと。他に誰も演奏しない場合と、伴奏がつく場合がある。 同じ旋律を数人で吹く、ソロの複数形はソリとなる


このページのはじめへ戻る