このページの最終更新:2nd Apr 1999

楽譜に出てくる記号

速度記号 / 表情記号

速度記号

速度とその表し方

音楽にとって速度は大事な要素です。同じ楽譜でも速度を変えるだけで印象が大きく 変わってしまいます。音楽においての速度は、音楽中のある音符の長さを決めることによって 決定されます。これは同時に、1拍の長さを決めることでもあります。
しかし、音符の長さを厳密に指示した楽譜はそれほど多くはありません。多くの場合は、 楽譜には速度の目安となる語句が書いてあり、奏者や指揮者はその語句によって大まかに 決められた範囲で任意の速度で演奏することになります。
このように、大まかな速度を与える語句を、速度標語といいます。この速度標語には 音楽全体の早さを決めるものと、ある部分での変化を示すものとがあります。 音楽全体の早さを決める速度標語とは、Adagio や Allegro などのことです。 変化を示す標語には、accel. や rit. があります。主なものは、後のほう にまとめてあります。
いっぽうで、曲によっては音符の長さを厳密に決めている場合もあります。その場合は、 基準となる音符が1分間に何個出てくるかによって表します。たとえば、♪=120 なら、 8分音符が1分間に120個の速さです。また、M.M.♪=120 と書けば、メトロノームで 速度を指定する事になります(M.M.は、Malzel's Metoronome、メルツェル・メトロノームの省略形)。

このページのはじめへ戻る

速度の変化

ところで、音楽ははじめから最後まで同じ速度とは限りません。多くの場合は、 音楽の雰囲気を強調したり、聴衆を引きつけるためにある部分の速度を変化させる場合があります。 このときにも、速度標語が用いられることになります。
速度の変化を表す速度標語の多くは、速度の変化と同時に音量や感情の変化を同時に指示するものも 案外多くあります。また、曲全体の速度を決める速度標語に Piu(ピウ:より多く、さらに)をかぶせて、 速度の変化を示す場合もあります。いずれにしても、少しでも疑問のある標語が出てきたら 何らかの方法で確認しておかないと、とんでもない間違いを犯すことにもなりかねません。

このページのはじめへ戻る

記号一覧

よく見かける速度記号を、まとめてみました。この表の作成には、 文献を参考にしています。

1.音楽全体の速度に関する速度標語

標語読み日本語訳テンポの目安
Largoラルゴ静かに遅く60
Adagioアダージョ遅く
Graveグラーヴェ遅く
Lentoレント遅く72
Andanteアンダンテ優雅に歩く速さ108
Maestosoマエストーソ荘厳に
Moderatoモデラートやや速く120
Allegrettoアレグレットやや速く
Allegroアレグロ軽快に速く132
Animatoアニマート速く
Vivoヴィーヴォかなり速く152
Vivaceヴィヴァーチェかなり速く
Prestoプレスト非常に速く184

2.速度の変化に関する速度標語

accel.アッチェレランドだんだん速く、かつ大きく
string.ストリンジェンドだんだん速く
Allargandoアラルガンドだんだん遅く、かつ強く
rall.ラレンダントだんだん遅く
rit.リタルダントだんだん遅く
Morendoモレンドだんだん遅く、かつ弱く
A tempoア・テンポ本来の速度で
Tempo Iテンポ・プリモ最初の速度で
Tempo Rubatoテンポ・ルバート感性のおもむくままに(奏者の自由)

このページのはじめへ戻る

速度記号 / 表情記号