このページの最終更新:17th Jun 2002

いちばん難しいパートは

1stは曲のかなめではあるけれど

皆さんは、クラリネットの楽譜の中でどのパートがいちばん難しいと思いますか? 多くの場合、漠然と「1stは高い音が多いし、メロディも多いから難しいんじゃ ないかな」と考えているのではないでしょうか。
確かに、和音を構成した場合、上の音から順に1st、2nd、3rd、4th(あれば)と なっていることが多いですから、1stが高い音が多くなるのも事実です。また、 メロディーを1stにして、2nd以下をそのサポートにするような作曲・編曲も 多く見られます。すなわち、1stがクラリネットパートの、あるいは曲全体の かなめの役割を果たすことが多い、ということになります。

とすれば、かなめであり、音楽の中でも目立ちやすい1stがいちばん難しい、といっても 不思議はないことになります。特に「目立ちやすい」という点を考えて、引退前の 上級生が1stを優先的に担当する、という事もよくあります。それはそれで、ひとつの 考え方ですし、否定する理由はありません。
しかし、少し見方を変えてみると、曲によっては必ずしも1stがいちばん難しい、とは いえないことがあります。では、それは一体どんな場合なのでしょうか。

このページのはじめへ戻る

サポートするパートの難しさ

先ほど、2nd以下のパートを1stのメロディをサポートするように曲が作られている 場合があると紹介しました。このような場合、実は2nd以下のパートの方が、音楽的には 難しい、というか複雑になってしまう場合があるのです。

その原因の一つには、下のパートが上のパートの音楽表現に合わせなければいけない、と いうことがあります。もちろん、合奏などの場面で、パート単位で抑揚や表情の指示があれば、 それにあわせることでかなりの部分はカバーできます。しかし、すべてにおいて指示が出るとは 限りませんし、言葉で表現しきれない、微妙な表現の揺れがあったりすることも多々あります。 そういうものを、肌で感じ取ってあわせていくのは、沿う簡単なことではありません。
また、メロディの抑揚と2nd以下のパートの旋律の形態が合わない事もあります。メロディは クレッシェンドなのに下のパートは下降形だったりすると、抑揚と旋律の関係が通常と異なるので、 無意識に吹いてしまうとメロディをうまくサポートできません。また、パート全体の和音構成を 重視するあまり、下のパートを単独でみたときに、音楽的に無秩序に音が並んでいるような 状態になってしまうこともあります。

このページのはじめへ戻る

常に全体を見渡す習慣を

このような事実を踏まえると、必ずしも1stがいちばん難しいとはいえないことがわかります。 では、どのパートが難しいのかといえば、これは曲によって答えが変わるとしかここでは 申し上げられません。

ひとつだけいえるのは、すべてのパートをくまなく見比べれば、上に挙げたようなことの ほとんどに気づくことができるということです。ですから、それらを一通りチェックした上で、 それぞれの曲について考えればよいことになります。すくなくとも、思い込みで「いちばん難しいのは 1st」などと決め込まないよう、普段からいろいろな視点から、全体を見渡す習慣を持っておく 必要があるのではないでしょうか。

このページのはじめへ戻る