このページの最終更新:14th Apr 2002

もっと頭を使おう

闇雲に吹いていませんか

私たちは、曲を演奏するときは色々なことを同時に要求されています。たとえば、 ブレスをしながら指揮者を見てリズムを音楽に合わせ、さらに楽譜を思い出して 次の音に備えて指を準備する、などといった具合です。私たちにとってはあたりまえの ことかもしれませんが、よくよく考えてみると、実は大変なことをしているようにも 思えてきます。

ところで、これが本番の曲ではなく、簡単なロングトーンだとしたらどうでしょうか。 もちろん、ブレスをしながらメトロノームを見てリズムをとるという意味では、やはり 複数の動作を同時にこなしています。でも、曲を吹いているときのような複雑さは あまり感じません。
これは、いくつか原因があると思うのですが、ひとつは後に続く演奏の複雑さが 格段に違うからでしょう。曲の場合は、フレーズであれ和声であれ音も変われば 曲想を考えたり和音のバランス取ったりするなど、考えなければいけないことが 多くあります。一方でロングトーンではそれらはないか、あっても重要度が非常に 低くなっています。その差が、同じように複数の動作を求められても難易度に差があるように 感じる原因の一つなのではないでしょうか。

いずれにせよ、ロングトーンを吹くときには、あまり複雑なことを考えなくても とりあえず吹けてしまいます。でも、だからといって何も考えなくてもいい訳では ありません。むしろ、せっかくの練習も、何も考えないで闇雲に吹いていることによって 無駄にしてしまっている可能性があるのです。

このページのはじめへ戻る

もっといろんな事に気をつけてみると

ここで、ロングトーンをする場合のことを考えてみましょう。
ロングトーンの場合、とりあえず息を楽器に吹き込めば音がなりますので、いちばん簡単な 練習といえます。そして、一見それ以上やるべきことがないようにも見えます。しかし、 ここでもっと突き詰めて考えてみると、実は色々なことを気にしなければならないことが わかってきます。

まず、音の出だしにしぼって考えてみます。たとえば、音の出る瞬間のタイミングは どうでしょうか。メトロノームなどの拍の基準とずれていないでしょうか。自分の気持ちは 基準どおりでも、音が自分の気持ちどおりに出ているでしょうか。さらに、音を出した 瞬間から、自分の「一番いい音」が出ているでしょうか。よく、でだしが強すぎたり、逆に 弱くてはっきりしなかったりします。
音を持続している間でも、ピッチが正しいかどうかだけでなく、同じ音が維持されているかとか、 息の使い方は安定しているかなど、考えることはあるものです。音のしまい方にしても、音を 切るタイミング、切るときの音色、余韻の残し方など、気になることがいっぱいあります。

一番単純と思われるロングトーンでさえ、こんなに考えることがあるのです。これが音階練習に なると、もっと大変です。上に挙げたこと全部に加えて、音階がリズムよく吹かなくてはいけません。 さらに、音の移り変わりの運指や息の変化、音がクリアーに移行できるか、音ごとの響かせ方の バランスなども気になってきます。
このように、一つ一つの練習のなかに、実は細かいポイントがたくさんあることが分かります。 私たちは多くの場合、ここまで細かいポイントを気にすることはないのではないでしょうか。

このページのはじめへ戻る

疲れるけど頭脳プレーをしてみよう

では、なぜ私たちはこのような細かいところに神経を使わないのでしょうか。理由はいろいろあると 思いますが、ひとつには「細かいところに気を使うと疲れる」ということがあると思います。 ロングトーンで、先に挙げたようなことをすべて意識すると、少し吹くだけで精神的に非常に疲れます。 それは、一度にたくさんのことを考えなくてはならず、体よりも先に意識の方がパンクして しまうからです。練習のはじめのほうで疲れてしまうと、あとの練習のやる気もなくなりますし、 効率も下がってしまいます。あとのほうに大事な練習(合奏など)があることが多いので、おのずと 練習時にキープしてしまいます。
また、もともと細かいことを意識することが周知されていない、という事もあるのではないかと 思います。初心者向けの教則本でも、簡単な楽譜の練習は載っていても、その練習をするときに どんなポイントに気をつけなくてはならないかを、事細かに解説していることはまれなようです。 ましてや、技巧練習に主眼を置いた教則本では、それらの内容はほとんど省略されているようです。

だからといって、細かいところに気をつけなくてよい、ということは決してありません。 基本練習のときに細かいところを気にしていないことで、せっかくの練習を無駄にしている 可能性が高いのです。練習をしても気を使わない分疲れないということは、そのぶん本当なら 気づいて修正されるべきことに気づかないことになってしまいます。また、無意識に吹くことで、 様々な条件で起こる微妙な変化に気づかなくなるので、それだけ自分自身や音をコントロールするための 情報を得られなくなってしまうのです。
もちろん、基礎練習に全力投球した結果、合奏で力尽きてしまっては元も子もありませんが、 簡単な練習ほど細かいところに気を使わなければならないでしょう。簡単な練習で気を使う 習慣がついていれば、難しい練習に進んで常に気にすることができなくも、ふとしたキッカケで 気づくことができます。そのためにも、普段からもっと頭を使った、頭脳プレーを目指さなければ ならないと思いますが、どうでしょうか。

このページのはじめへ戻る