このページの最終更新:25th Dec 2002

社会経済学研究室

内容一覧

みんなの物だからこそ
2002-12-25
備品楽器をはじめ、共有物には状態の悪いものが多いようです。なぜそうなってしまうのでしょうか。
リードでみるピッグサイクル
2002-11-21
コンクールを、純粋に音楽を創る立場から眺めてみました。
音楽的に見たコンクール論
2002-08-20
コンクールを、純粋に音楽を創る立場から眺めてみました。
初心者を囲むみんなが気持ちよく演奏会に出られる方法
2002-06-15
初心者が早い段階で演奏会に参加する方法が、実はあるんです。
誰のための賞
2002-06-10
コンクールの「賞」について、違った観点から考えてみます。
リペア料金は本当に高いのか
2002-02-16
リペア料金は確かに高いような気がします。でもその根拠を考えると、むやみに高い 訳ではないようです。
ブランド信仰の功罪
2001-11-12
世の中のブランド志向の、利点と問題点に対する考察です。
クラ総研式コンクール参加法
2001-11-04
コンクールに限りませんが、こんなやり方ってどうでしょう?
どこで練習しよう
1999-02-24
楽器の練習場所について考えてみました。
逆説・コンクールで金賞を取る方法
1999-02-12
コンクールでいい結果を残す方法を考えることで、コンクールの問題点を探りました。
国産か舶来か
1999-01-12
国産の楽器と舶来ものの相違点について。
クラリネットの価格と性能
1998-12-28
楽器の価格の違いの原因は何か、そしてその違いに見合っただけのものがあるのかどうか。
クラリネットへの誤解
1998-12-19
音楽関係者のなかに、クラリネットのことを誤解している部分があるのではないかと いうことをまとめてみました。
クラ吹きを取り巻く問題
1998-11-01
せっかくクラリネットに出会っても、学校を卒業すると同時にやめてしまう 原因についての分析です。
コンクールの抱える問題
1998-11-01
コンクールに過度に傾倒することによって、音楽の楽しさを失ってしまっているのでは ないかという研究です。
クラリネットと楽典書
1998-11-04
楽典書が高価なわけと、少しでも安くならないかという話です。


このページのはじめへ戻る