このページの最終更新:16th Feb 2002

リペア料金は本当に高いのか


リペア料金に感じること

クラリネットを修理すると、その内容にもよりますが、意外とお金がかかることが 多いように思います。財政的に裕福な人はともかく、少ない小遣いをやりくりしている 多くの人にとって、この問題は切実です。

たとえば、タンポを1個交換するだけならば、時間もそんなにかからないし、もっと 安くできるような気もします。その一方で、あまりに安くしてしまうと楽器屋が 成り立たなくなるのも分かります。実際にはこの両者のバランスを保つポイントに 価格が設定されているのですが、本当にそうなのか「タンポ1個の交換」を例に考えて みることにします。

このページのはじめへ戻る

修理にかかるコストを考えてみる

はじめに、タンポ1個の交換の料金ですが、ある楽器店で「交換1個の場合700円から」と なっていましたので、これを基準としてみます。

修理にかかるコストとして、ますは目に見えるものから考えてみます。
確実に費用がかかるのは、交換する新品のタンポです。タンポは、交換用のセットが 15個程度入ったものを、3000円前後で入手可能です。タンポの大きさによって、多少 差はあるかもしれませんが、1個200円程度と仮定することができそうです。
次に、タンポをとめる接着剤はどうでしょうか。固定用の松やにや接着剤は、買うと 数百円から時に1000円近くします。しかし、1個のタンポをつけるのに実際に使う量は、 買った量の何十分の一以下です。ですから、1個の取り付けに使う分は、10円もしない のではないかと考えられます。これは、修理に使う道具についても同じようなことが いえます。道具一式が、何個のタンポ交換に耐えられるのか分かりませんが、これらの 消耗品や工具の費用を、大雑把に50円と仮定しておきます。

そして、直接目に見えないコストです。
タンポをつけるためには、作業者が必要です。ボランティアではありませんから、 作業者には賃金を支払う必要があります。タンポの交換にかかる時間を、準備から 片づけまですべてひっくるめて15分と仮定し、作業者一日の賃金のうち15分ぶんを リペア費用に上乗せすると仮定しましょう。リペア作業者の賃金水準はよく分かりませんが、 工員(工場などの作業員)の賃金水準が月30万円強らしいので、これをもとに推定します。 月あたりの賃金を32万円、月23日勤務、1日8時間労働とすれば、15分間の賃金は435円になります。

このページのはじめへ戻る

コストと料金の差は

では、ここまでに挙げたコストを合計してみましょう。
200+50+435=685
推定の金額の積み重ねなので推定の金額ですが、タンポ1個の交換にかかるコストは 685円くらい、となりました。最初に書いたとおり、交換料金700円を基準として考えると、 その差はわずかに15円となります。

ところで、同じタンポの交換でも、楽器店によって値段はまちまちです。店によっては、 タンポ1個の交換でも1000円近くかかることもあります。この場合、推定コストの差は 300円以上になります。この差は何でしょうか。
これは、コストが推定した以上にかかっているか、さもなくば楽器店がコストのほかに 利益に相当する金額を上乗せして、料金を設定しているか、という事になります。 楽器店も、慈善事業をしているわけではありませんから、利益を上乗せするのは当然です。 ただ、楽器修理に対する考え方によって、どのくらい上乗せするかは大きく変わってしまいます。 その結果が、料金700円と1000円の違いになるのです。

このように考えると、タンポ1個交換700円から1000円という値段は、そんなにむちゃくちゃな 設定ではないことが分かります。確かに安いものではありませんが、その後ろにあるコストの ことを考えれば、少しは納得できるのではないでしょうか。

このページのはじめへ戻る