このページの最終更新:25th Feb 2002

腹式呼吸の基礎

腹式呼吸とは

吹奏楽をやってたり、クラリネットを吹いた事がある人なら一度は聞いたことが あると思います。楽器を吹く時には腹式呼吸が大切だって。でも、そう声高に 主張する人に限って、本当の腹式呼吸を分かってなかったりするものです。
「大体そんな事いわれなくても、人間は生まれた時から呼吸して生きてるじゃ ないですか。それをわざわざ気にする必要なんかないでしょ」という疑問に 答えられる人は少ないかも知れません。

これに対する解答としては「胸式呼吸では息のコントロールが難しく、息の密度や 速度、太さが変化しやすいし、吸い込める空気の量も不利になるので、腹式呼吸を するのだよ」という事になります。
さらにいえば、胸式呼吸は肺の細胞に負担をかけるので、呼吸器系が弱い人には、 肺に傷をつけたり、穴を開けたりする危険もないとは言えない、という事らしいです。

実際のところは、普通に息をしている限りほとんど問題ないと思います。 強いていえば、女性の場合無意識に息をしてると胸式呼吸になるので自分が 思っているほどしっかり肺に息が入ってない事があるから、ときどき「大丈夫かな」 って気にかけてみる事が必要な事ぐらいでしょうか。

このページのはじめへ戻る

まずは腹式呼吸の感覚を知ること

はじめに、腹式呼吸の感覚をつかむこと、あるいはそれを生かして息をコントロール することを目的とした練習の例をあげてみます。もちろん、必ずしもこのとおり やる必要はありません。

  1. 両手を、ベルトの少し上、真横の横っ腹からこぶし半分うしろ側にあてる。以下、この手を 当てた部分を「横後腹」と表現します。
  2. 息を吐く。普段の呼吸では使わない範囲まで、充分に吐ききる。
  3. ゆっくり息を吸う。と同時に、手を当てた部分を膨らませる。本当は「息を吸うと横後腹が膨らむ」と いうのが正しいのですが、はじめのうちは意識を逆に「横後腹を膨らましながら息を吸う」つもりで いいと思います。
  4. いったん息を止め、「t」の発音で、同じ調子で吐き出す。このとき、膨らんだ横後腹が戻らないように 意識します。といっても、ふつうは多少戻ってしまいます。

なお、息が同じ調子で出ているかを確かめるには、細く切ったティッシュを口の前にかざしてみると わかりやすいです。同じ調子で出せていれば、ティッシュは同じ調子で揺れます。逆に、不安定に なっていると、ティッシュは大きく波うったり、暴れるような不規則な動きをします。

このページのはじめへ戻る

空気をたくさん吸うこと

次に、肺の容積を目一杯使う練習です。実際にどんな練習をするかというと、だいたい次の感じです。

  1. メトロノームを60くらいに合わせる。
  2. 4拍かけて息を吐く。
  3. 4拍間、1拍ずつ息を吸う。連続して吸うのではなく、各拍のおしまいで短く息を止めます。 また、はじめの1拍で目一杯吸い、残りの3拍はそれぞれ、息を無理矢理押し込む感じで吸います。
  4. 4拍間息を止めたまま維持します。
  5. 4拍かけて、息を出し切ります。4拍間一定のスピードと量を維持します。理想的には8拍で ちょうど息がなくなるのがいいですが、息が足らない場合は、息を吐いているつもりで待ちます。
  6. 4拍間息を止めたまま維持します。
  7. 3〜7を繰り返します。そのとき、3.、4.、5.の拍数を1拍ずつ伸ばしていきます。僕が やるときは、16拍までいきますが、どこまでやるかは時間や実力との相談になります。

なお、これを慣れない人がすると、過呼吸に陥って倒れてしまうことがあります。少しでも めまいを感じたり、しんどいと思ったら、中断する勇気が必要です。また、拍数を伸ばすと、当然ながら あとのほうの拍では息が吸えません。その場合でも、無理矢理息を吸う気持ちで、吸うのと同じ 動作をします。あるいは、空気の塊を無理矢理飲み込むようなイメージかもしれません。
(本当に空気を飲む(=胃に空気を送る)訳ではありません、念のため。)

このページのはじめへ戻る