このページの最終更新:16th Mar 1999

ロングトーン徹底活用法

ロングトーンは必要か? / まずはいい音を目指そうさらなる上乗せを図るには

ロングトーンは必要か?

みんなはどう思っているか

みなさんは、ロングトーンというとどんなことを思い浮かべますか。 どちらかというと「しんどい」「退屈」といった否定的なイメージが強いのでは ないでしょうか。事実、同じ音を長くのばすその作業は、楽ではありませんし、 ただのばすだけなら大してやることもなく退屈かもしれません。
もし手元に、なにかしらの教則本があるなら、そのはじめの数ページをめくってみてください。 初心者向けの教則本の場合、ほぼ間違いなく、はじめの部分はロングトーンや それに類するような、一つの音を長くのばす練習について触れられているはずです。 また、多くのバンドトレーナーや講習会の講師も、同じようなことを強調しています。 といっても、そこでいわれるのは「ロングトーンは大事だ」という事実とその具体的な 方法論にとどまっており、ではなぜ音をのばすことが大事なのかについては 明確な答えはほとんど見あたりません。
結局のところ、多くの人の意識としては「ロングトーンは大事だけど、なぜ大事なのかわからないし、 それほど意味があるように思えない」というようにまとめられるかもしれません。

このページのはじめへ戻る

音をのばすことの心髄

では、なぜあまり意味もなさそうな音をのばすということが、これほども強調されるのでしょうか。

クラリネットで出す音は、どんな高さでも、またどんな長さでも根本的なところは同じです。 それは、音が始まる発音部分と終わりの収束部、その間の音が鳴っている部分である持続部が、 発音・持続・収束 の順であらわれるということです。「なあんだ」と思うでしょう。 でも、この一つ一つを素早く確実に、しかも連続してこなすというのは非常に難しい ことなのです。それは、早いパッセージはすぐには吹けない上に、音楽的な表現を乗せること、たとえば 音量をちょっといじるだけでもすぐ不安定になってしまうという事実からも推測されます。
一つ一つの音を長くのばすということは、この三つの部分がゆっくりあらわれることになります。 もちろん一つの部分は瞬間的に過ぎてしまいますが、それが連続しないということが重要です。 これは、初心者にとっては次の動作を心配しすぎて肝心の部分を失敗する可能性を回避する事になりますし、 そうでない人にとっても、各部分のチェックやさらなる技巧の上乗せを実践するのに 適当な条件であるといえます。
逆に言えば、これらのことを考えないで長く吹くということは、大した意味がない、 と言い換えることもできるのです。

このページのはじめへ戻る

一度立ち止まってみよう

せっかく時間を割いて練習するのですから、無意味な練習はさけたいものです。 ただ指導者や教則本の言葉を実践するだけではなくて、どういう点が大事か、そして そういうことに気をつければいいのかをまず考える必要があります。そのとき、 上であげた 発音・持続・収束 のプロセスが、考える上での大きなキーワードになってきます。
では、実際にどんなポイントが大事なのか、大きく初心者と上級者に分けて考えていきましょう。

このページのはじめへ戻る

ロングトーンは必要か? / まずはいい音を目指そうさらなる上乗せを図るには