このページの最終更新:16th Dec 2001

音階練習の方法論

音階練習とは / 12音階の練習をしよう分散和音の練習をしよう

音階練習とは

音階練習の意義

クラリネットの練習の中で、音階練習ほど奥の深いものはないと思います。 もちろん、ほかの練習もしなくてはいけないのですが、音階練習をほんの少し やり方を変えるだけで、様々な練習を兼ねることができます。

その一方で、音階練習の大切さをきちんと理解できていない人が多いのもまた事実です。 たとえば、音階とはBbの長音階のことだけをさしている、と思っている人もいます。
また、音階練習は、いわゆる「ドレミファソラシド」を早く吹くことだと 思っている人もいます。確かに、音階を普通に早く吹くことも、音階練習の形の一つ ではあるのですが、本当は、もっと様々な形の練習が存在するのです。

音階練習の目的は、一言で表せば「いかに指と息の連携をはかって確実にいい音を出すか」 という1点につきます。詳しく話すと長くなるので、別項に譲ります。 この最大の目的を踏まえると、別に普通の上行形だけが音階なのではなくて、3度跳躍とかも 音階練習の一つであると解釈できます。そういう様々な形態の音階をひっくるめて、いかにすれば 効率よく練習ができるか、探ってみましょう。

このページのはじめへ戻る

練習の前提条件

まず音階練習をする前に、音が充分になっている事を確認しなければいけません。
時々、ろくに音が鳴っていないのに、様々な技巧練習ばかりやっている人がいます。 そんな人に簡単なフレーズを吹いてもらうと、たいていの場合、音がか弱く、 聞いている方がだんだん不安になるような演奏をするものです。
クラリネットは、みなさんが思っているよりももっと大きな音が出ます。 楽器の限界いっぱいまで音を鳴らすすべを身につけてから、音階練習をしても 決して遅くはありません。まだまだ楽器を吹き始めてたいして練習していなくて 鳴ってないのであればもっと音を鳴らす練習をしたほうがいいのです。

また、楽器を出してすぐに音階練習や曲の練習をする人もいます。その人の 癖とか個性もあるとは思いますが、体や楽器が、充分音を出すことに対して準備 できていない状態でそういう練習をするのは感心できません。
そういう場合、たいてい思い通りの音が出にくくてどこかに無理をかけているのです。
音だしが足りないのなら、音出しを存分にやってしまえばそれでいいのですから、 そういうところで時間を惜しむ理由はありません。

充分に心身共に準備をした上で、音階練習に取り組みましょう。

このページのはじめへ戻る

練習の準備

音階練習をするときに、必要なものがあります。
絶対必要なものは、楽器(当然)、それと正確なメトロノームです。 後、あれば便利なものは、練習のパターンを載せた楽譜や教則本、それを乗せる譜面台、 音程をチェックするためのチューナーなどです。
では、早速練習してみましょう。

このページのはじめへ戻る

音階練習とは / 12音階の練習をしよう分散和音の練習をしよう