このページの最終更新:1st Nov 1998

初めてのクラリネット

楽器を組立ててみよう / 音を出してみよう何か演奏してみよう楽器を片づけてみよう

楽器を組み立ててみよう

各部の名前

これからクラリネットとずっとお付き合いしていくわけですが、 楽器 まずは、クラリネットの各部分の名前から見ていきましょう。
はじめに、クラリネットは普通、ケースの中に5つの部品に分かれて入っています。 口にくわえるところがマウスピース、そのすぐ下にくる、飾り帯しかない小さいのがたる、 表の真ん中に十字型のキイがついたのが上管、もう一つのキイがたくさんついたのが下管、 そして朝顔みたいなのがベルです。
教則本によっては、たるのことをバレルといったり、ベルのことを朝顔というものもあります。
上管と下管についた銀色の部品は、キイといいます。それを支える丸い小さい柱はキイポストです。
マウスピースには、リードを固定するための部品がついています。これがリガチャーです。

このページのはじめへ戻る

組み立ててみよう

ではさっそく組み立ててみましょう。
完成予想図は、みなさん知ってるでしょうし、楽器屋さんの展示品や、テレビや演奏会の クラリネットを見たことがあるでしょうから、その通りになるようにしましょう。
実際やってみるとわかりますが、正しくない順番にはめようとしても、大きさが微妙に 違うので、うまくはまりません。
キイの連結部 さて、組み立てるときに気をつけないといけないことがあります。ひとつは、上管と下管の 接続部をつなぐときです。よく見ると、この部分にはキイがはみ出してきていて、 つないだときにうまく連絡するようにできています。
この部分は、気をつけないと組み立てるときにぶつかってしまって、キイが曲がってしまうこともあります。 ですから、つなぐときには細心の注意を払いましょう。引っかかるときは、上管のトーンホール(指穴)を ふさぐと、キイが持ち上がってうまくいきます。
それと、キイは曲がりやすく、曲がると正しい音がでなくなってしまうので、 組み立てるときに楽器をわしづかみにしないようにしましょう。固くてはまりにくい時は、 ジョイント部分のコルクに薄くコルクグリスを塗り、指で馴染ませるといいです。

このページのはじめへ戻る

ほかの準備

クラリネットを吹くためには、もう少し準備が要ります。
リードの取り付け位置 リードを一枚取り出して、口に含んで湿らせます。かみ砕かないように気をつけましょう。 乾いたままだと、リードはすぐに壊れてしまいます。これは、楽器を組み立てながらでもできるので、 先に口に含んで、そのまま楽器を組んでもいいですね(ちょっと格好悪いかも)。
このリードはマウスピースに付けるのですが、正しい位置に付ける必要があります。 左右対称に、リードの先端のカーブとマウスピースのカーブがほぼ同じ場所で、 リードの方から見てマウスピースの方が髪の毛1本分上になる位置が基本です。

さあ、早速吹いてみましょう。

このページのはじめへ戻る

楽器を組立ててみよう / 音を出してみよう何か演奏してみよう楽器を片づけてみよう