このページの最終更新:11th Nov 2002

指だけ練の効用と限界

指だけさらうという練習 / 注意すべき問題

指だけさらうという練習

指だけ練とは

世の中には、同じ物を異なった呼び方で呼ぶことがたくさんあります。 ここでいう「指だけ練」も、そんなもののひとつです。
ここでいう指だけ練とは、楽器を持たずに文字通り指だけ楽曲にあわせて動かす練習 を指します。また、楽器を構えていて息も吹き込んではいるけれど、適当にアンブシュアを調節して 音がならないかかすかになる程度の状態で練習をすることを「音なし練」としますが、 基本的には共通部分が多いので、厳密に区別しなくてもよいかもしれません。

いずれにしても、普通の練習のように音を出すのではなく、指の動きだけをトレースする練習、 という風に考えればよいと思います。もちろん音をちゃんと出して練習できるのであれば こんな練習をする必要性は特にありません。しかしたとえば夜遅くに練習するような場合、 ご近所の迷惑を考えるとむやみに音を出すわけにはいきません。あるいはどうしても時間がなくて 電車での移動時間のような場面で何とかフォローしておかなくてはならない、という場合も 指だけ練をする可能性があるでしょう。さらに、合奏中で他のパートを分奏している隙に 難しいパッセージをこっそり練習する、というのもあるでしょう。

このページのはじめへ戻る

音を出さなくてもできる練習

では、指だけ練でどんなことができるでしょうか。
まずは、初めて楽譜を見たときなどに運指を確認する、という場面が考えられます。 複雑なパッセージで、運指のつながりがどのようになっているのかを確かめたり、 スムーズな移行の障害となりそうな動きを割り出したりするのであれば、楽器がなくても 指の動きをトレースして調べることができます。もちろん実際に音を出しても 構わないのですが、音を出せない、あるいは楽器がない状態でも、かなりのレベルまで 再現できる可能性があるといえるでしょう。

これをもう一歩進めて、自分が苦手としている指の動きを繰り返しさらう、というのにも 使えそうです。特に薬指や小指の動きは、大事な場面が多いにも関わらず動きそのものは ぎこちなくなってしまうことが多い、という厄介なものです。ですから、時間のあるときに 一回でも多く指の動きを練習しておけば、それだけ指の動きをスムーズにすることが できるのではないでしょうか。

しかし、指だけ練も万能ではありません。その限界や問題点を無視すると、逆効果に なってしまう危険性も含んでいます。次に、指だけ練の問題点を整理してみましょう。

このページのはじめへ戻る

指だけさらうという練習 / 注意すべき問題