このページの最終更新:5th Jan 1999

できるだけほしい道具と使い方

精密ドライバーキイオイルチューナー楽器を磨く道具

精密ドライバー

精密ドライバー 精密ドライバーの役割は、もちろんねじを締める事にあります。 その他に、うまく使えばはずれた針(バネ)を掛けるのにも使えます。
精密ドライバーといっても、ものはピンきりで、安ければセット(6本ぐらい)を 百円均一で売ってたり、かと思えば専門店では一本千円近くするものも売っています。
実際には、前者のドライバーでも、特に困った事はないので、別に六本百円でも構わないと思います。 ただ、ドライバーの直径だけは気にする必要があって、あまりにも大きいのや小さいのは ねじを締めるには全然役に立ちません。また、理論的には大きささえ適当なら普通のドライバーでも 構わない事になるのですが、精密ドライバーの方が端の部分が自由に回るので、 扱いやすいです。

このページのはじめへ戻る

キイオイル

キイオイル キイオイルは、キイとキイポストの間の潤滑を確保し、摩耗を防ぐために使います。 ですから、毎日差す必要は全くないのです。せいぜい月一回か多くても二回差せば充分で、 それ以上は単にオイルの無駄だと思います。
キイオイルは、たいてい写真のように針がついているので、キイとキイポストの間の こすれる部分に一滴落とすのが大変楽です。大事なのは、他でも述べましたが 必ずはみ出したオイルをふき取る事です。そうしないと、空気中の埃がオイルに取り込まれて 黒変します。見栄えが悪いだけでなく、黒いオイルは紙やすりと一緒で、キイの摩擦を妨げ 摩耗を促進してしまいます。それでは困りますね。

このページのはじめへ戻る

チューナー

御存じの通り、チューナーはチューニングをする時に使います(もちろんそれ以外でも 使う事がありますが)。普通、チューニングをするのは回数が限られているので、 うまく譲りあえばパートに1つか2つでも問題ありません。
チューナーはひとつ8000円から13000円くらいするので、特に中高生にはそう簡単に 買える物ではありません。かといって、学校にひとつしかないとかいう状態では、 チューナー本来の役を果たし切れません。難しいところですね。

このページのはじめへ戻る

楽器を磨く道具

キイ表面のメッキは、次第に汚れてきます。その原因は、主に私たちの手の脂です。 楽器を吹く前後に、全てのキイをめがね吹きのような布で拭いておけば、そう簡単に 汚れるものではないのですが、片づける時間に余裕がなかったり、つい忘れてしまうものです。
そこで、演奏会などの前に楽器を(というかキイを)磨くことになるのですが、 楽器屋に行くと、「○○ポリッシュ」と呼ばれる液体があります。この磨き液は、 メッキの種類によって変える必要があります。メッキは、その種類によって強さや厚さが 変わってくるからです。クラリネットの銀・ニッケルメッキには「シルバーポリッシュ」を使います。
また、ポリッシングクロスもあります。これは、あらかじめ布に磨き液の成分を 加えたものです。使い勝手や値段を考えて選べばいいでしょう。

ところで、これらの製品を使うとキイは非常にきれいになりますが、調子に乗って あまりたくさんすると、メッキがはがれてしまいます。これは、メッキが弱くなったからではなくて、 磨き液の成分でメッキを削ってしまうからです。ですから、あまり頻繁にしないようにするとともに、 磨くときはあまり力を入れないようにする必要があります。ということは、 普段から乾拭きするなどして、磨き液を使わなくてもいいような状態を保つのが、 楽器のためには一番なのかもしれません。

このページのはじめへ戻る