このページの最終更新:19th Nov 1998

リードケースを作ってみよう

準備をしよう / 実際に作ろう

準備をしよう

準備するもの

リードケースは、もちろん楽器屋へ行けば市販されています。しかし、 それらは価格がそこそこするうえに、案外自分の思うようなデザインのものが 無かったりします。そこで、リードケースを自作してしまおう、というのが 今回のテーマです。

ただ、一口に自作するといっても、一から全部作っては手間がかかります。 そこで、ちまたで安く手に入る部品をうまく使うことにします。今回は、 CDのケースと、3.5インチフロッピーディスクのケースを使います。これらは、 大きな電気店に行けばひとつ30円から50円くらいで手に入ります。あとは、 厚さ1.5mmくらいのプラ板、カッターナイフ、プラスティック用ボンド、 スポンジ、両面テープ、ヤスリなどを準備します。今回は、プラ板の代わりに 透明な下敷きを利用しました。

このページのはじめへ戻る

どんなケースにするか

リードケースに求められる条件を確認しておきます。
まず第一に、リードが中で固定されることが必要です。いくらきちんとした ケースに入っていても、ケースの中でリードが動いては痛んでしまいます。 また同時に、ケース自体も丈夫でないといけません。この点は、CDケースや FDケースなら大丈夫でしょう。
次に、リードの取り出しが容易で、しかも取り出すときに傷つけないような ものでないといけません。全く加工しない状態でも、ケースとしては役に 立ちますが、取り出しにくいし、先端を引っかけてしまう可能性があります。 そこで、市販のリードケースと同様リード台の部分を斜めにすることで、 先端が引っかからないようにします。
最後に、多少の衝撃で口が開かないことが必要です。この点は大丈夫とは 思いますが、特にFDケースは使用するにつれてロックが甘くなるようなので、 ゴムバンドなどを使うと確実でしょう。

このページのはじめへ戻る

部品の作成

切った部品 まずは材料を必要な寸法に切断します。
まず、リードを乗せる台を切り出します。CDケース用は118mm*69mmを2枚、FD ケース用は91mm*75mmを1枚です。
次に、必要な帯材を切り出します。CD用は、幅3mmのものを長さ118mmを1本、 幅2mmのものが、118mm1本と10mm8本です。FD用は幅3mmのものを長さ91mm1本、 幅2mmのものは長さ10mmを6本です。また、台に区切りをつけるなら、 幅1mm程度の帯材を少し用意します。
CDケース これらの帯材は、模型店などにいくと既製のものが売っていることがあるので、 それらをうまく使ってもいいでしょう。また、プラ板を切るときは、カッター ナイフで何回も筋をつけて、ゆっくり切るようにします。あわてると、途中で 変な方向に割れてしまいます。これで、必要な部品はそろいました。
そうそう、CDケースの中のCDが乗る部分(写真左の黒い部分)はいらないので、 あらかじめ外しておきます。外すときは、小さい突起4カ所で引っかかっている だけなので、マイナスドライバーで少しひねってやれば大丈夫ですが、無理に やると割れるので、丁寧に作業しましょう。

このページのはじめへ戻る

準備をしよう / 実際に作ろう